2019.5.20 NEW PARER IS OUT!

 

トゲオオハリアリが口移しで栄養交換をすることを報告した論文がリリースされました!

アリの採餌個体は、蜜など液体の餌を見つけた時、その餌を飲み、巣に帰ります。そして、巣内で餌を吐き出し、口移しで餌を巣仲間とシェアします(栄養交換)。

長年、ハリアリのグループでは、胃構造が少し変わっており、餌を吐き出すことができないと考えれていました。

しかし、トゲオオハリアリを観察していると、吐き戻しのような行動をよく見かけます。調べてみたところ、液体の交換が起こることが確認できたので、単報を書きました!

アントルームの島田さんに素敵な証拠写真も
撮っていただきました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です