Home

岡山大学農学部昆虫生態学研究室
昆虫学土曜セミナー

NEWS


2022. 10. 7

住友財団 基礎科学研究助成に採択されました!
課題名「アリにおける概日リズムを消失させる社会的制御メカニズムの解明」

2022. 6. 6

茗原眞路子研究奨励助成に採択されました!
課題名「アリはどうやって水を運ぶのか?効率的な液体輸送とその進化の解明」

2022. 5. 12

ワトソン株式会社/深江化成株式会社 若手研究者を応援する
インタビュー記事が掲載されました。

2021.10.1

岡山大学 農学部 昆虫生態学研究室
助教として着任しました!🐜🐝

2021.9.21-23

動物行動学会で、アリ のバケット行動について
ポスター発表をしました🐢

“To drink or carry? Social bucket behaviour in a monomorphic ponerine ant”
Haruna Fujioka (OCUUniversity of Fribourg), Ken Naganawa (TMU),  Adria C. LeBoeuf (UNIFR)

All illustration by 永繩ケン/KEN Naganawa 
Twitter @laramidianax 

2021. 8. 18 

日本進化学会で共著のポスター発表がありました
 ○吉峯知歩,  藤岡春菜, 岡田泰和
「オオツノコクヌストモドキにおける性形質発現の生態生理学​」 

2021. 5. 1

スイスのフリブールに引っ越しました😍
フリブール大学で学振CPDとして研究、頑張ります!

2021.4.6

Fujioka, Haruna, Masato S. Abe, and Yasukazu Okada. “Individual Ants Do Not Show Activity-Rest Rhythms in Nest Conditions.” Journal of Biological Rhythms (2021): 07487304211002934.

2021.3.23-26

応動昆でポスター発表しました!
「トゲオオハリアリは巣内で日周リズムを示さない」

コメント、質問をたくさんいただきました🌹
みなさまありがとうございます!

2021.1.13

新しい論文がでました!
初めてのネットワーク解析に関する論文です
アリとその個体の行動を二部グラフとして解析しました
社会性昆虫の分業を理解するために、ネットワーク解析がどのように使えるのか、新しい提案をしています

Haruna Fujioka*, Yasukazu Okada, Masato S. Abe*.
“Bipartite network analysis of ant-task associations reveals task groups and absence of colonial daily activity”
Royal Society Open Science (2021). doi: doi.org/10.1098/rsos.201637

2020.6.25

たまにインスタにも写真を投稿してます🐭

 


 

藤岡春菜    Haruna Fujioka

岡山大学農学部/
岡山大学大学院 学術研究院環境生命科学学域(農)
昆虫生態学研究室
助教

Okayama University,  Insect Ecology Lab
Assistant Professor

Keyword
Animal behaviour, Sociobiology, Chronobiology
Social insect, Ant, Ponerine ant, Diacamma
Circadian activity rhythm, Biological clock
Social interaction, Image-based tracking
Trophallaxis, Social Bucket

Contact
email:  fujioka.ha[at]gmail.com

Address (Japan)
〒700-8530 
岡山市北区津島中1-1-1 (農学部1号館)

〒700-8530 
1-1-1, Tsushimanaka, Kita-ku
Okayama city, Okayama, Japan