スイス(フリブール)滞在許可書を取得するまで2

入国前後の手続き(続き)について、紹介します。

エアメールを送ってから2週間後くらい
書類の受取の確認のメールが届く(2021/3/17)
追加の書類の依頼あり

進捗確認した

追加の書類が必要だと連絡が来る(2021/4/15)
ビザのタイプが変わったのだと思われる

2枚くらいのフォーム書いただけで
あとはボスと事務の人がやってくれた

(2021/4/21)
滞在許可書を発行するという証明書がPDFで届く!

Assurance D’autorisation de Séjour って書いてあった
許可書承認の保証?って意味かと…
入国したら、移民局にこの書類を持ってきてとも書いてあった
名前や生年月日が合っていたことを確認したくらい。

<入国時>
空港ではこの書類を見せただけ。同僚と色々確認してたけど、こちらへの質問は一切なく、1-2分で通してもらった。

<隔離はなし、5日くらいは家にいた>

その後、移民局へ!
フリブールの駅からなら、1番のバスで一本で行ける。
チケットはzone内なので、1時間か、1日のを選べばOK

実際に移民局に持っていったもの

  • Assurance D’autorisation de Séjour
  • Déclaration d’arrivée et demande d’autorisation de séjour pour études (何と書くべきかわからないところあって、寮の事務の人に教えてもらった、市役所にも同じもの(コピー)を提出する必要があった)
  • パスポート
  • 顔写真(サイズ自由のよう、一枚だけ)
  • 住所を証明するもの(Attestation)
    これは見せただけ、記入してあるものと確認された
  • お金
    最初に行った時は払わず、住んでいるところに、請求書が届く。郵便局に行って支払う必要があった。
    市役所ではクレジットカードを使えた。
この後に、写真撮影を行いに再度移民局へ行きました。
同じ場所ですが、初めに行ったのは、別の建物の3か4階でした。
今回は、1階にカウンターがある建物でした。手前はスイス人の方の受付、入ると整理券の機械があるので、発行して待つ。
スイス人と非スイス人を選択する。(なんて買いてあるか忘れてしまいました、友人に電話して教えてもらった笑)
番号が呼ばれたら、奥の方へいって、受付の方と話して、写真撮る機械に入って、写真撮影とサインを登録。
英語で対応してもらえました。写真もこれでいい?って聞いてくれて、撮り直しもOKみたい!
一週間くらいで、カードが送られてきました。
これでやっと、手続き終了!
その他のいろいろな手続きができるようになります!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です